まめしばたんは生きたい。

うつとか、注意欠陥型ADHDとか、就労とか、毒親とか。母親に人生搾取された女がそれでも生きようとあがくブログ。

住みたい街を見てきた

今日は少し寒かったけど、頑張って車を走らせて、住みたい街を見に行ってきました。

想像通りの素敵な街でした。

住むにはハードルが高すぎず、かと言って、今住んでる街より寂れていない。福祉も充実してる。

高層マンションもあったりして、3月のライオンの桐山くんみたいにあそこに住めたらなあと思いましたが、私の経済力では無理だなあ、高校生に負けるなんて、とちょっと悔しかったですが、身の丈に合ったアパートを紹介してもらうか、経済力を考えて県営団地の募集に挑戦してみようかと思っています。

 

いずれにせよ、人生でたくさんの土地に住んでみたいなあとか思ったりしてます。

 

眠いのだ

タイトル通りです…。眠すぎて活動がままなりません。

今日は久しぶりに車、走らせようと思っていたのに、まだ、午前中に走っていると強烈な眠気が…。

危ないので帰りました。

 

家に帰って、ソファに横になると、眠ってしまい、今日は一日中眠ったり起きたりしていました。

 

思い返せば、昨日は寝つきが悪く、途中でよく寝ているソファに移動して少し眠れたのはいいものの、うっかりストーブを炊いたまま寝たので、暑い…とグダグダで疲労して起きたのでした。

 

できれば、細切れに眠るのでは無くて、眠ったら朝まで目が覚めたくはないのです。7時間きっちり睡眠を持続させたい。え?朝?みたいな。

だけど、もう何年もそれが出来なくなってしまいました。朝はぐったり起きるか、すっきりしてるかは運になりました…。

 

今日も夜寒くなるらしいので、寝苦しい夜になりそうです。

 

 

キミは自分に怒っているのかい?

昨日は診察でした。

件の自傷行為が気持ちいいということを先生に話しました。すると先生は

 

「キミは自分に怒っているのかい?」

 

と言いました。怒っているという意味が短い診察時間では咀嚼できなかったけど、こんなはずじゃなかったのに、人生もうこれでいいと思わせている自分に怒っている。と答えました。

 

でも、やっぱりよくわからなかったから今でもずっと考えています。考えてる時、私はあるショッキングな体験をしたあの場所にあの季節、あの年齢、格好のまま立っています。でも他には誰もいない。

 

そうして、死ぬことってなんだろう、人間って何をもってしてか人間と言うのだろうと強く思うのです。自分を含めて。

 

その答えを知りたくて、でも自分に探せる自信は無くて、あの場所に立ち尽くしたままなのかもしれません。

 

わかりにくくてごめんなさい。

 

塩猫様クライシス

最近、すっかり人馴れした塩猫様。

塩「にゃあん」

ま「塩猫ちゃーん」

でなでなでするのがお約束になってきました。

 

しかし、そんな塩猫様に最近危機が迫っています。体の大きい新参者の猫が塩猫様のテリトリーに侵入し、侵略しようとしてくるのです。

 

仲良くテリトリーを分かち合って欲しいが野生の世界、そうもいかず、今日はVシネ並みの睨み合いを見せてくれました。喧嘩になる直前でストップかけてとりあえず新参者には出て行って貰いました。

 

しかし、その後も、怖かったね〜♡となでていると、遠くでうろつく新参者。気づいて喧嘩を仕掛けに行く塩猫様。どうすりゃいいんだあ!

 

とりあえず、怪我して、そっから感染症になって…という展開にならないことを祈ることしかできません。

 

アタシ、エライ!

今朝憂いていた書類の提出、無事終わったあ!!

 

言っても、コピーとって封筒に入れて切手貼って郵便ポストに入れただけだけど、

 

イライラからひとつ解放されたのと、今ぐでたまみたいにやる気失せてる中でやり切ったの、えらい!

 

いつもカーテン閉め切って布団かぶってうじうじ寝てるだけの人じゃないみたい!よくやった!自分で自分を褒めてあげたいです!よしよし。

 

あぁ…自尊心回復のためにやってみたけど、ちょっと恥ずかしいなこれ…

 

なんたらかんたらの書類やら

なんたらかんたらの書類を、元勤め先の保険組合に提出しなきゃいけないらしいんですが、探したり、名前が紛らわしかったり頭の中ごちゃごちゃしてウツっとイラッとなったので小休止。

 

小学生の頃から提出物の管理は本当に苦手でした。ランドセルの底にお便り挟まってたり、連絡袋がパンパンになっている系女子でした。

 

そんな子が社会人になると、だらしがないやつ、責任のある書類は任せられないやつ、というレッテルを貼られて、やっちゃいけない場面で紛失してしまったりして、怒られます。自尊心メタメタです。社会に適合できないのです。

 

それが、要支援な部分だったってことは後々知ることになります。

要支援な事を伝えれば、社会は案外優しいです。

 

とりあえず、疲れて動けないのでお手紙を添えて今回は向こうの反応を見たいと思います…。もすこし、私適当に生きたい。

 

 

 

サインバルタを飲んでから

今日の記事が歯間ブラシ変態仮面だけだとアレなので、今ぴったし合う抑うつサインバルタを飲んでからの実感を書いときます。

 

サインバルタは確かクリスマスの日から処方されたので、かれこれ1ヶ月半くらい?のお付き合いになります。

最初は頭痛が酷く、諦めそうになりましたが、2、3日で頭痛は良くなり、そこから気分も徐々に良くなってひきこもりが散歩できるようになりました。

 

やる気もみなぎってきて、今まで放置してた事に手をつけたり、疲れたら休む自分を許せるようになりました。

 

サインバルタ飲み始めて一番感じたのが、脳が多幸感でいっぱいになってるときがあることです。ランナーズハイに近いかな?ストレッチしたりマッサージしたりして、体の中の調整をすると、脳内物質がうわー!って出るのを感じます。

 

それは幸せでもあるのですが、少し危ないなとも思っています。例えば、自傷行為をした後の多幸感。脳がハイになりすぎて、いつか家族の前で死んでやる!とか言ってる危うさ。幸せすぎて脳が暴走してるなとも感じます。

 

サインバルタと逆の役割をする薬も処方されているんですが、こっちは効果がよくわかりません。なんかしんどくなったような?

 

そんなわけで、サインバルタは私には合うんですが、効きすぎて今のところ暴走しています。先生に今度言おう。